探してみようキラリ光る石(3)

omura 2017/04/21

ミニ講座のあと、ちょうどシャワーのような強い雨が降り始めました。が、しばらく様子を見ていると12時過ぎには小康状態に。このタイミングで河川敷へと移動し、たどり着いた頃には青空となる快晴。無事野外での天然石探しを実施することができました。

 

大和川で石探し

大和川で石探し

まず、先生からどのような石を見つければいいのかなどの説明があり、ガーネットなどが含まれる光る石を見つけようと、それぞれが散らばって石探しのはじまりです。

 

前半はほとんど座学、しかも雨が止むのも待っていたため、ややテンポ不足が否めない状況でしたが、この天然石探しが始まるや、皆さんの表情がすぐに変わったのも印象的でした。

 

「これは何ですか?」など頻繁に先生に聞いてまわる皆さん。

 

ルーペで分析する柴山先生

最初にメノウを見つける子どもが現れ、ガーネット、長石、緑廉石、ペグマタイトなどいくつもの種類の天然石・小さな鉱物が見つかりました。

※石の写真公開は終了しました。ご了承下さい。

 

皆さん、実際にそのような石が大和川で見つかることを知って、ちょっとした宝探しのような気分で楽しみつつ、柏原の自然や地形を学ばれていたのが印象的でした。

 

これまでこのようなワークショップは地元の団体などでは行われておらず、皆さんの反応など検討する機会にもなったワークショップとなりました。

 

移動やマンパワー、天候の問題。いくつかの反省点について検討を加えるなかで、今後も企画していきたいと考えています。

 

今回ご指導いただいた柴山先生をはじめ、スタッフの方々、ご協力いただいた柏原市立歴史資料館安村館長にお礼申し上げます。

 

 

子どももすっかり夢中に

 

← 探してみようキラリ光る石​(2)へ戻る

← 探してみようキラリ光る石​(1)へ戻る

 

 

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページのアドレスとメールアドレスは自動的にリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
 

協賛