馬とのふれあいで少年の立ち直り支援を

omura 2017/09/20

馬とのふれあいで少年の立ち直り支援を

 

「めっちゃ面白かった!」 

馬に乗り終えたあと、少年たちからは笑顔がこぼれ、明るい声が聴こえてきました。

-------------------------------

 

馬とのふれあいによる療養活動を実施しているNPO法人ホースウォームにやってきた少年たちの声。

 

実は、彼らには非行などの問題行動があります。大阪府にある「少年サポートセンター」のプログラムの一環として、9月10日(日)に横尾地区にあるホースウォーム(代表:小林政吉さん)までやってきました。

 

府内には、地域社会における非行防止活動のキーステーションとして「少年サポートセンター」が10ヵ所の地域に設置されています。

 

少年サポートセンターの運営は、大阪府警察本部(少年育成室)・大阪府(育成支援室)・大阪府教育庁の連携と協働によるもので、各地域の関係機関・団体からの協力も得て、非行防止および健全育成のための活動を実施しています。

 

 

地域との連携も得ている「立ち直り支援」も、サポートセンターの事業のひとつ。

「立ち直り支援」は、警察や児童相談所、学校からの紹介のあった少年のうち、非行などの問題を抱えた特性や家庭環境を踏まえ、健全育成の観点から体験活動を通じた支援が有効と判断された少年が対象となっています。

 

センターを構成する機関から、専門の職員であるケースワーカー、推進員(元警察・元教員)が携わり、さらに少年と年齢が近くて身近な存在として、学生ボランティアによる「支援サポーター」も一緒に活動しています。

 

センター内での体験活動以外にも、各地域における野外体験(スポーツ・農業体験・野外活動・社会貢献)も実施。

 

これらの活動によって、協調性、ストレス発散、達成感、命を大切にする心、コミュニケーション能力などを得るのが狙いです。

 

(参考)
大阪府Webサイト(政策企画部 青少年・地域安全室青少年課 非行防止対策グループ)
少年サポートセンターの運営
http://www.pref.osaka.lg.jp/koseishonen/syounensupportcenter/

 

-----------------------------------

そこで、今回八尾少年サポートセンターで選ばれたのが、柏原市横尾地区にあるNPO法人ホースウォームの乗馬体験でした。

 

ホースウォームの活動は乗馬体験による療養、ホースセラピーが目的です。

 

ホースセラピーは「馬とのふれあいや乗馬体験を通じて、精神機能と運動機能を向上させ、社会復帰を早めるリハビリテーションの方法の一つ」として、現在注目されています。

 

→ 「馬とのふれあいで少年の立ち直り支援を」(2)へ(写真付き)

 

コメントを追加

Plain text

  • HTMLタグは利用できません。
  • ウェブページのアドレスとメールアドレスは自動的にリンクに変換されます。
  • 行と段落は自動的に折り返されます。
 

広告