柏原石おこし「宮沢賢治も踏んだ柏原駅西の御影石」

omura 2018/05/02

 柏原駅西口モニュメント 

 

 今回から「石」をテーマとした、ややマニアックなコラムを綴っていきたいと考えています。

 

 古くから在住されている方ならご存知のように、柏原市内には石にかかわる神社や古墳などが多数存在しています。これらの歴史遺産については、今日に至るまで歴史や考古学の観点から綴られたり、イベントが企画されたりしてきました。

 

 ここでは「石」というキーワードで焦点をあてることで、時代に関係なく近代現代の建築物も取り上げていくうちに、また別の町の姿が見えてくるのではないかと考えています。

 

 さて、第1回目は柏原駅の西の玄関口からスタートしましょう。

 

 この西口ロータリーの南端、派出所の道向かいにあたる地点に「柏原駅西口旧駅舎メモリアルモニュメント」がぽつんと佇んでいます。

 

 柏原駅西口モニュメント

 

 このモニュメントは、柏原駅の旧駅舎に使用されていた敷石が再利用されたものです。JR西日本の前身である大阪鉄道が1889年(明治22年)に開業、また、今年100周年を迎えた近鉄道明寺線(当初は河陽鉄道)は1898年(明治31年)に敷設されました。

 

 柏原駅西口モニュメント

 

 当時から敷石が存在していたとされており、これらは「御影石」という花崗岩でできています。花崗岩自体はそれほど珍しいものではありません。御影石という名前は、兵庫県の御影から採れたことが由来です。

 

 柏原市内でも花崗岩は多く見られ、その利用は墓石や石碑など、建造物のなかでの利用頻度が高いことからよく見かけるものでしょう。

 

 建造物で多く使われる理由は、その硬さ。地球の奥深いマグマのなかからゆっくり冷えて上がってくるため、その途中で様々な石(鉱物)を吸い込みながら、地表に出現します。粒々になって見えるのが、その表れです。ちなみに、こちらの御影石には角閃(カクセン)石と黒雲母などの鉱物がはっきりと見てとれます。

  

 柏原駅西口モニュメント

 

 鉱物がたくさん並んでいる表面はそれだけに風化しやすい一面もありますが、全体的には硬いのが特徴です。

 

 さて、そのように聴くと、柏原駅西口のモニュメントってそれほど珍しくないではないか、となるのですが(実際そうなっています・笑)、ここであわせて考えたいのが、少し前に話題となった宮沢賢治がかつて柏原駅に降りたという件。

 

 宮沢賢治は童話や詩人として有名ですが、農業指導に力を注ぎ、「石っこ賢さん」という呼び名もあるほど石や地学に関心のある方でした。童話や詩のなかに鉱物や星の名前が出てくるのも、そのためです。

 

 宮沢賢治は大正5年(1916年)に盛岡高等農林学校の修学旅行で柏原駅北西付近にあった「農商務省農事試験場畿内支場」を見学しています。

 

▲柏原駅北にある「農商務省農事試験場畿内支場跡」の看板

 

 敷石がすでに存在していたのであれば、この御影石を眺めながら踏んだのではないかと、想いも馳せるのです。

 

 修学旅行では時間に追われていたことから、それほど余裕もなかったかもしれませんが、「農事試験場=宮沢賢治=御影石」というキーワードによって、このモニュメント付近に宮沢賢治の詩の一節が謳われる石碑でもあれば、日本に多くいらっしゃる宮沢賢治ファンも注目する場所になるのになあ、とも思ってしまうエリアなのです。

 

 柏原駅西口モニュメント

 

 

(参考)
宮沢賢治と柏原   賢治は、かつて柏原の地を訪れていた」(柏原市文化財課)

 

 

 

 

協賛