江戸時代、優れた技術を持った瓦師が国分に

松井四郎兵衛の鬼瓦

 

今年の1月から柏原市立歴史資料館において、とある鬼瓦がスポット展示されています。

 

日本では古くから屋根の端は神聖な部分とされ、家内安全や無病息災、防災への願いを託していました。そのシンボルが鬼瓦だったのです。

 

節分の鬼にも、地域によっては病いや災いを防ぎ、人を丈夫にしてくれる意味を持つそうで、鬼は決して悪の存在ではないのですね。

 

 

江戸時代、鬼瓦を緻密な作業でつくりあげる集団が、現在の国分本町にて持ち前の技術を駆使していたそうです。その代表的存在である腕利きの瓦師が「松井四郎兵衛」(まついしろべえ)。

 

omura 2018/02/07 (水) - 01:18
主なイベントなどを集めた「かしわらカレンダー」

柏原市で行われる主なイベントなどを集めたカレンダーを下記ページにて掲載しています。

 

 

かしわらカレンダー

http://www.kashiwara-e.net/node/1320

 

omura 2018/02/06 (火) - 17:54
東大阪大柏原高に「ぶどうのイルミネーション」

ある日Facebookを眺めていたところ、偶然流れてきた東大阪大学高等学校の動画。どこかで見たことのあるイルミネーションに驚きのあまり、その翌日、アポイントメントを取ってお話をお聴きしてきました。

 

↓その動画とは、こちら

 

 

そう、一昨年までJR柏原駅西口の陸橋にて師走の夜を彩った「ぶどうのイルミネーション」なのでした。そう言えば、昨年末は飾られていなかったなあ、と思っていたところで、まさかこちらにあるとは。

 

応対いただいたのは、寺川校長先生と井川広報部長のお二人。

 

終業時間を過ぎた夕刻にわざわざお待ちいただき、まさか校長室でお話をしていただけるとは思わなかったので、筆者も緊張...。

 

omura 2018/02/06 (火) - 00:30
 

協賛