「いちごパフェ」が話題の​​​​momovegeに並んでみた

omura 2018/02/28

momovege

 

柏原市のJRと近鉄の踏切を結ぶように続く「オガタ通り」。戦後から多くのお店が軒を並べ、今なお昭和の雰囲気も感じる商店街です。

 

ここ最近、この通りにおいてちょっとした新しい現象が起きていることをご存知でしょうか。

 

これまで見慣れないような、お洒落な服装をした若い男女が見受けられるのです。何かを探しているようなその歩き方から、ここへ来るのは初めてなのだろう、と想像もつきます。

 

その目的地はスーパー北庄向かいにある「momovege」(モモベジ)。

 

 

こちらのお店はすでにコールドプレスジュースのお店として紹介済ですが、昨年末あたりから提供をはじめた「いちごパフェ」が人気を呼んでいるのです。お店の前には行列ができる程の盛況ぶり。

 

​​​​momovege

 

その人気商品が「いちごパフェ」。と言っても、ただのパフェではありません。あまおう2パックを用いたという特大パフェ。

 

そのインパクトもあってSNSで大きな話題となり、Instagram(インスタグラム)による「インスタ映え」が起きた柏原市の初めての(!)現象。聴くところによると、他市はもちろん、関東や名古屋などの遠方からも来店されているそうです。

 

現在は予約も取れないということで、情報サイトとしては実際の状況を知らないと(と言い聞かせ)、甘いものには目がない筆者が並ぶところから体験してみました。

 

2月27日(火)の平日。カフェタイムが14時30分からとなっていますが、それでもたどり着いた14時過ぎには10人ほどの人たちがすでに並んでいました。

 

momovege

 

 

詳細は後述しますが、この日はランチタイムが設定されています。ランチのお客とはバッティングしない、つまり入れ替えとなっているようで、カフェタイム開始の14時30分に運よく入れることに。私の直後の人たちですでに店内のお店の席が埋まる状況でした。

 

momovege

 

メニューを見て、話題の「いちごパフェ」とコールドプレスジュース「紅(くれない)」を注文。お水とおしぼりはセルフ。お店に入った順番でオーダーが取られます。(迷っていると後まわしとなってしまうかもしれません)

 

まず出てきたのが、コールドプレスジュース「紅(くれない)」。これはランチタイムメニューでも設定されているそうです。

 

momovege

 

なんとあまおう1パックとともに、栄養素豊富なビーツ(鉄分豊富)、ブルーベリー、パイナップル、りんご、レモンによる構成。

 

濃縮です。コールドプレスジュース自体、水やシロップを使わずに果物や野菜を搾り出すようにつくられた素材を重視していることもあって、体のなかに染み渡るような質のいいジュースと実感できます。

 

と、そのあとにお待ちかねの「いちごパフェ」がお目見え。

 

momovege

 

前述のように、あまおう2パックを用いたという量と大きさには圧倒されそうです。

 

こちらの店主さんは元々デザイナーをされていたこともあり、その後自らの健康を考える必要が出てきた経験から、旬で質のいい野菜や果物を提供したいと、このようなお店を開業される運びとなったとのこと。

 

今回のいちごパフェについては、元デザイナーならではの感性によるものなのでしょうか、その発想と見せ方には目を見張るものがあります。

 

あまおうと生クリームというシンプルな構成にも関わらず、イチゴをカッティングして花びらのように配置された見栄えの工夫が感じられました。

 

そんなことを感じながら撮影させていただき、いざ実食。

 

甘さたっぷりなあまおうと、いちごならではの若干の酸味、そして生クリームの甘さが相まってしっかりと味わえます。この生クリームは豆乳と甜菜糖からつくられていて、作り置きをすることなく、毎日立てたてを提供しているとのこと。

 

​​​​momovege

 

これは私だけの味わい方かもしれませんが、食べつくす頃には、底でいちごの果汁が生クリームに溶け込んでるのも美味。

 

量も量なのでゆっくり味わっていると、隣の女性はペロリと10分ほどで完食。もう精算を済まされていました。私も負けじと?しっかり完食しましたが、量に不安のある方は二人でシェアするのもいいかもしれません。

 

 

気になる金額は2,000円(税込)。紅は1,000円(税込)

 

私はレジすぐそばにいたのですが、女性中心の客層でパフェをシェアせずひとりで召し上がってる方が多いことにも驚きでした。

 

数字だけを見れば決して安い価格ではないかもしれません。が、その手間や質と量、見栄えを考え「これを食べたい」と思うメニューにはお金を惜しまない、という現象を目の当たりにしました。

 

 

momovege

 

 

思わぬSNS効果によって来訪者が急増し、お店としてはテーブル構成なども変えて入店しやすくするなど、お客様の声を取り入れた工夫をされているそうです。

 

また、このエリアにとっての視点で考えると、他市や柏原を知らない来訪者が多いとあって、町の情報が得られるガイド(紙媒体)が必要ではないかとあらためて感じさせられています。

 

(道がわからない人や他にどんなお店があるのだろうと探している人もよく見受けられます。)

 

 

以下、現在(2018年3月23日時点:※3/23追加更新)の開店時間の状況を以下に記しておきます。今後変更もあるかもしれませんので、ご了承下さい。

 

● いちごメニューの提供期間は4月末あたりまで

 

★月・火・木・金は、テイクアウト11時~  ランチタイム11時30分~  カフェタイム14時30分~

 

■ 水曜・土曜はカフェタイムのみ。  テイクアウト11時30分~  カフェタイム12時~ 

 

■ 営業終了時間は18時まで。(ラストオーダー 17時45分) 3/23 追加更新

 

ただし、3/6(火)はカフェタイムのみ(■と同じ)  3/16(金)は臨時休業。 

 

※3/25(日)はテイクアウトのみ営業 10時~17時まで(3/23更新)

 

● 予約は現在できません。

 

● どちらかというと月・火が比較的入りやすい(それでも今回列ができていました)

 

● テイクアウトは売切次第終了。

 

● 定休日は日曜日

 

「momovege(モモベジ)」

柏原市清州2丁目4−20

 

 

 

お店カテゴリー
 

協賛