「災害時の癒し」を鍼灸による視点から 

omura 2018/03/05

災害時の癒し 〜鍼灸の視点から〜 

 

全国訪問ボランティアナースの会「キャンナス柏原」では、災害時の癒しを考える勉強会を実施します。

 

平成30年の介護保険法改正では、特別養護老人ホームやデイサービスなどに配置する機能訓練指導員について、一定の実務経験を持つ鍼灸師の配置も算定要件に入れることが決定されました。

 

3月11日には東日本大震災が起きて7年になります。被災地支援でもこの鍼灸やマッサージをボランティア活動として提供している鍼灸師の方が徐々に増え始めてきているそうです。

 

この勉強会では、鍼灸治療の視点によるテーマで、日常にも大切な「癒し」をあらゆる角度から「過ごしやすさ」「生きやすさ」について考える機会について考えます。

 

 

「災害時の癒し ~鍼灸の視点から~ 」

 

日時:2018年3月7日(水) 19時~20時30分

会場:ふれあい館オガタ(柏原市清州1丁目3-21)

講師:野本鍼灸整骨院 統括院長 弘田知子さん

 

参加費:300円(資料代)

定員:約20名(関心のある方ならどなたでも)

 

お申し込み・お問い合わせ)

キャンナス柏原・神崎さんまで

kanzaki0513〔at〕gmail.com

〔at〕はアットマーク

 

 

 

協賛