コラム

ここでどう楽しく生きるか、自分のものにするか

新年明けましておめでとうございます。

日ごろは、かしわらイイネットの活動にご理解をいただき、ありがとうございます。今年もどうぞよろしくお願い致します。

昨年暮れ、カタシモワインフード株式会社代表取締役、高井利洋さんにお会いする機会がありました。

カタシモワインフード株式会社はご承知のとおり、創業100年以上続くワイナリー。 この度、「平成28年度6次産業化優良事例表彰」にて農林水産大臣賞を受賞されました。

しかし、ここまですべてが順風満帆だったわけではありません。うまくいかなくても趣向をこらして実行した末に現在があり、さらに次へと挑みつづけていく姿勢には、常に大きな刺激を受けます。

暮れにお会いした際、「あのインタビューはよかったなあ!」と言われて思い出したインタビューがあります。2014年10月、100周年イベント用に映像で収録し、フリーペーパーにも掲載しました。

今、文字に起した内容を読み返してみると、メディアなどで掲載されている発言では聴かれない内容もあるように感じます。おこがましい言い方ですが、長く密着させていただいた甲斐があって聴けた言葉なのかもしれません。しかも、今後のイイネットの活動を進めていく上で、あらためて大きな励みにもなりました。

この度、高井さんから再掲の許可をいただきましたので、こちらで披露させていただきます。(※写真もフリーペーパー掲載当時のものとさせていただきました)

新春インタビューというわけではありませんが、今年は酉年。この度成人式を迎え、新しい世界へはばたく若い世代の方々にもぜひ読んでいただけたら幸いに思います。

(2017.01.03)

—————–

「ここでどう楽しく生きるか、自分のものにしていくか。

カタシモワイナリー高井社長

「よくここまでやめんと来られたなぁ」というのが率直な感想です。

ここまで2回ほど大きな山があって、会社の存亡が危ぶまれたことが、実のところありました。

1 2
ABOUT ME
omura
omura
かしわらイイネットの代表 兼 営業 兼 ライター。ロック音楽と石好きゆえ 転がり続けてン十年。今後はもっと地に足つけた行動をと言い聞かせる日々です。