講座・イベント

「笑いが生み出すコミュニケーション」

笑いが生み出すコミュニケーション

「お笑い理学療法士」日向亭葵(ひなたてい あおい)さんによる「笑いが生み出すコミュニケーション」を開催しました。

日向亭葵さんの本業は理学療法士。お仕事の合間にボランティアで町内会や老人会、福祉施設をまわり、落語を披露され、日常における「笑い」の大切さを実践されています。

笑いが生み出すコミュニケーション

自らの仕事において、高齢者の介助をされている際、コミュニケーションの取り方として「笑い」が必要だったこと、そのため落語に至った経緯、これまでのボランティア経験などを、丁寧に語っていただきました。

合間には、参加者全員で理学療法士ならではの健康チェック、自身が考案したエアリハ(物を使わずに行うリハビリ)も披露していただきながら、コミュニケーションの取り方も実践。ペアになって、コミュニケーションを取る難しさ(相手がすべてを否定する)を実感しながら、どうすれば相手との距離が近くなるのかを皆で考えました。

笑いが生み出すコミュニケーション

最後に、落語「動物園」で締めくくっていただき、参加者一同、笑うことで場の空気があたたかくなる瞬間を実感する「寄るゼミ」となりました。

かしわらイイネットでは、インターネットでの情報発信を行なっていますが、 情報を集め伝えていくことを、単に機械的に行えばいいと考えているわけではありません。

例えば、仕事にかける情熱や姿勢を聞き取るのに、「ただ教えて、話して」では、相手からは何も引き出せないでしょう。 より安心してお話していただくためには、相手との信頼関係をどのように築くかが問われてきます。

笑いが生み出すコミュニケーション

そのためには、日ごろから人とどのように交流していくのか、初対面の人と僅かな時間のなかで、いかに距離を縮ませるのか。今回、日向亭さんからコミュニケーションの取り方を学んだことは、地域の中で活動する「まちリポーター」にとっても欠かせないことだと、あらためて実感させていただきました。ありがとうございました。

- 参加者の感想 -

「日向亭葵氏のお話、大変面白く、ためになりました。論理的で上級のコミュニケーション、理学療法の技術、知識いっぱいで楽しく聞かせていただき、ありがとうございました。」

「いいフレーズですね。落語が生で聴けてよかったです」

1 2