BLOG

「彩アトリエ」の絵画展で見つけた光景

アトリエ彩の絵画展

Instagramで知った法善寺にある「彩アトリエ」の絵画展。最終日の11月11日に訪れました。ここでは、子どもから大人まで、絵画を描く幅広い世代の生徒たちによる絵画が展示されていました。

こちらで教える仲井さんは特殊な技法を使った描き方で生徒の皆さんに手ほどきをし、絵画の楽しみを知ってもらおうと取り組まれています。2016年には「第52回新創美術展」において受賞されたことがあります。

アトリエ彩の絵画展

展示された絵画のなかで筆者の目に留まったのが、あるひとりの生徒の方の作品。ご本人が体調を崩した時期に、ふと通った柏原駅東にある路地の光景が印象に残ったことから描かれたものです。

振り返ると日の光が当たっていた様を描いた色の濃淡はもちろんのこと、「展示の際も照明の当て方によって、その表現をさらに強めているのです」と 仲井さんはおっしゃられていました。(下の写真・左上と右下の作品では照明の当て方も違うとのこと)

絵画の説明
▲絵画を描いた際の心境を綴った説明

 

普段は当たり前のように通っている路地が、ある人の目には希少で救われるような光景に見えたこと、さらにその心のあり様を工夫して見せる試みが印象深いものでした。

 

ABOUT ME
omura
omura
かしわらイイネットの代表 兼 営業 兼 ライター。ロック音楽と石好きゆえ 転がり続けてン十年。今後はもっと地に足つけた行動をと言い聞かせる日々です。