BLOG

通行するひとの眼を和ませる「現代版浮世絵」

柏原駅の自由通路に描かれた「現代版浮世絵」

先日、柏原駅の東口階段を降りようとすると、自由通路の掲示板にズラリとならんだ絵画に目を奪われました。

あの東洲斎写楽の有名な浮世絵「三代目大谷鬼次の奴江戸兵衛」をモチーフとした肖像画。アニメのキャラクターや有名スポーツ選手などの顔が多数描かれています。タイトルには「堅下南中学校 現代版浮世絵」とありました。

柏原駅の自由通路に「現代版浮世絵」

その奇抜さに目を奪われたのはいいのですが、それほど話題になっていないような。まず試しに、かしわらイイネットのTwitterでアップしてみると、思わぬ方々からのリアクションが。

そこで、さらに「河内柏原すこぶるポジティブ」というFacebookグループに投稿してみると、予想以上の反応が寄せられたのでした。この感覚は間違ってなかったのかも?と思う瞬間でした。

江戸時代、人々の日常の生活や風物などが描かれた浮世絵(役者絵)。もしかすると他でも実施されている授業なのかもしれませんが、日本の文化を学びつつ、今の子どもたちが自由な発想によって現在を描いている姿を想像してしまいました。

それがさらに通行する人たちの眼を和ませているのなら素敵なことだな、と感じた出来事でした。

柏原駅の自由通路に描かれた「現代版浮世絵」
ABOUT ME
omura
omura
かしわらイイネットの代表 兼 営業 兼 ライター。ロック音楽と石好きゆえ 転がり続けてン十年。今後はもっと地に足つけた行動をと言い聞かせる日々です。