BLOG

学生の視点で柏原の街を眺めると?

学生の視点で柏原の街を見る

2月15日(金)、おいな〜れ柏原様にお呼びいただき、阪南大学国際観光学部のゼミ生の皆さんが柏原駅周辺を歩き、その様々な感想を突き合わせるミーティングに参加しました。

今どきの?若い学生さんの眼に映る柏原の街も、様々な感想があるものだと、あらためて勉強になりました。ゼミの先生から出た「コミュニティ・マインド」という言葉も興味深く拝聴。

この言葉は、柏原市内のとあるお店のでコミュニティが面白く、さらにそこから別のお店を紹介された、というお話もあったことから、出てきた言葉です。

それを聴きながら、ふと過去にイイネットで実施した「しゃべって書いて『古くて新しい地図づくり』」というワークショップも思い出しました。

今回の若い学生の皆さんには、柏原の街並みや人たちがどのように見えたのでしょうか。またあらためてゼミ内でまとめられるとのことです。