BLOG

米袋で自由に描いて自分だけのバッグをつくろう

ドキドキわくわくこどもガーデン

「米袋に絵を描いて自分だけのバッグをつくろう」と、「ドキドキわくわくこどもガーデン」というイベントが、2月10日(日)に行われました。主催は、柏原市内でアートを広める取り組みを行うアッポコ。

元々銭湯で、レトロな雰囲気の残る堂島町の櫻湯跡を会場に、子どもから大人まで約30名ほどの参加者が集まりました。

ドキドキわくわくこどもガーデン

講師は現代美術や絵本を手がけるおおはしまさのりさん。おおはしさんの手ほどきによって、子どもたちが水性ペンキを用いて思い思いに描いていきます。

ドキドキわくわくこどもガーデン

色とりどりの米袋を、大人の皆さんが協力して紐を通す作業をします。それでバッグとなって完成。

ドキドキわくわくこどもガーデン ドキドキわくわくこどもガーデン

「これ面白い色出してるね~」と、大人もこどもも、それぞれのバッグを興味深く眺めながら会話している姿も印象的でした。

ドキドキわくわくこどもガーデン

その後は絵本の読み聞かせなどもあり、終始、自由な雰囲気のなかでひとときとなりました。

ドキドキわくわくこどもガーデン
ABOUT ME
omura
omura
かしわらイイネットの代表 兼 営業 兼 ライター。ロック音楽と石好きゆえ 転がり続けてン十年。今後はもっと地に足つけた行動をと言い聞かせる日々です。