BLOG

子どもは思い思いにPC画面でつくり、大人はトーク

をかしわらマルシェ

雨天のため屋内販売となった14日の「をかしわらマルシェ」。それでも200名以上の来客数だったそうです。

 

代表のおおむらも、初めに決まっていた「柏原サイクリングツアー」が中止となったことで足を運び、「桜湯の苔玉」などを見物。(苔のアート・ミニ盆栽の横に天然石や化石が置かれていたことに注目していました)

をかしわらマルシェ
をかしわらマルシェ
をかしわらマルシェ

 

その後、会場奥にあるBed&Bicycleにおいて理事くろさきが個人的に主催した「こどもプログラミング体験+座談会(大人対象)に参加してきました。

子どもは思い思いにPC画面でつくり、大人はトーク

告知期間のわりに、大人こどもあわせて20名ほどが来場。座談会にも3名の保護者の方が来られるなど、関心の高さがうかがえました。

こどもたちは、パソコンのScratchを用いて思い思いにキャラクターを動かし、背景に凝ったり、台詞を入れてみたり、さらにはピアノの鍵盤画面を出してBGMを作成してみたりと、楽しそうにつくる姿が印象的。

子どもは思い思いにPC画面でつくり、大人はトーク

 

また、大人向け座談会では、くろさきより現在の情報教育のあり方(高校・中学)から、小学校における授業や人材に関する説明を。そのあと、参加者の方々から質問や意見も出てきて、最終的には企業の生産性(人事のあり方、働き方、生産力)の話になるなど、広がりを見せていました。

子どもは思い思いにPC画面でつくり、大人はトーク子どもは思い思いにPC画面でつくり、大人はトーク

この企画は、6月の「をかしわらマルシェ」までは、大正のBed&Bicycleにおいて同日開催されることとなっています。関心のある方はお気軽に足を運んでください。

 

子どもは思い思いにPC画面でつくり、大人はトーク
ABOUT ME
omura
omura
かしわらイイネットの代表 兼 営業 兼 ライター。ロック音楽と石好きゆえ 転がり続けてン十年。今後はもっと地に足つけた行動をと言い聞かせる日々です。