BLOG

若いひとたちの心をこめた吹奏楽と鼓笛隊の演奏を披露

柏原市青少年吹奏楽音楽祭

7月14日(日)リビエールホールでは柏原市青少年吹奏楽音楽祭が開催されました。

この音楽祭を共催している柏原ライオンズクラブ吉田会長からは「奉仕の精神で行っている立場からこの場を設けています。ぜひ日頃の練習の成果をお聞かせください」とごあいさつ。

また、冨宅市長からも 「皆さんの練習の場づくりとしても、市としても現在行っているところです」と、毎年話題となるエアコン設置などについてのご報告がありました。

最近の選曲で感じるのは、壮大な深みを感じる楽曲が多いことです。国分中学校の演奏中、次の出番を待つ柏原中学校の生徒たちがリズムを取っていた、という話が司会の未知やすえさんからも語られていました。

また来年はどんな曲が聴かれるのか、楽しみとなるような皆さんの演奏でした。