BLOG

昨年出会った「路地」の風景に再会。油彩で立体的に 

KASHIWARA芸術祭の最終日の11月9日、いくつかの展示会場をまわってから、法善寺にある「彩アトリエ」の絵画展に足を運んできました。こちらはKASHIWARA芸術祭との連携はなく、独自の開催でした。

こちらのアトリエでは小学生からのお子さまから大人まで、さまざまな世代の方が絵画を教わっているそうです。

そこで、昨年出会った「路地」の風景に再会しました。

 

路地の風景
▲油彩で立体的な描写に

 

当時は水彩でしたが、今回は油彩にし、こちらのアトリエ独自の立体的な表現に仕上げたそうです。完成した絵画は、このたび「新創美術展」新人賞を受賞。

 

アトリエ彩の絵画展
「彩アトリエ」の絵画展で見つけた光景 Instagramで知った法善寺にある「彩アトリエ」の絵画展。最終日の11月11日に訪れました。ここでは、子どもから大人まで、絵...

 

作者の吉成さんは、現在こちらのアトリエで講師をつとめ、似顔絵も描かれています。最近久しぶりにこの路地を訪れ、「この風景にある八百屋さんがなくなって寂しい」と、おっしゃられていたものの、終始明るい表情でお話いただいたのが、印象的でした。

 

吉成さん
▲作者の吉成智美さん。(作品が明るすぎてしまい、すみません)