特集

ナゾの看板「727」に新たなナゾ。

柏原市民の方も、出張や旅行で新幹線を利用することがあるでしょう。大阪から遠く離れているにもかかわらず、車窓からふと見慣れた光景を感じた時はありませんか?

727看板のナゾ

大きな「727」の数字。高い頻度でこの看板が視界に飛び込んでくるのです。

この柏原市民や近隣の方にはよく知られているデザイン(ハウスマーク)、これは株式会社セブンツーセブンの野立て看板です。

 

株式会社セブンツーセブンは、全国の美容室を通じて、女性用化粧品全般、ヘアケア、美顔器、健康食品を販売。研究・開発、製造、販売、教育までを自社一貫体制で行っているのが大きな特徴です。大阪府内では現在約200店のサロン(美容室)が登録し、取り扱われています。

クオンテ
▲2016年2月21日発売 新・メークアップブランド「クォンテ」

 

社名は、創業者の誕生日が7月27日だったことに由来。

当初から大学との共同研究、皮膚医学にもとづく化粧品製造や新しい美顔法の開発などを行い、長きにわたり多くの独自製品を生み出しています。

 

1961年(昭和36年)7月27日には、製造部門となる株式会社セブン化学を設立し、現在の柏原市太平寺(近鉄大阪線安堂駅北東すぐ)に移設。当時の柏原の水質の良さも移設理由のひとつとのことで、以来、その工場の風景やハウスマークは、柏原市民にも長く親しまれているものです。

 

727柏原工場
▲柏原市太平寺にある本社工場

 

柏原の町では馴染み深くても、一般的には「727」の看板は珍しいようで、「新幹線から見えるナゾの看板」として、度々各メディアに取り上げられ、TV番組「探偵!ナイトスクープ」や「タモリ倶楽部」などでも紹介されました。また、鉄道ファンを中心とする一般の方からの関心も高く、ブログやSNSを用いた発信がなされています。

1 2 3
ABOUT ME
omura
omura
かしわらイイネットの代表 兼 営業 兼 ライター。ロック音楽と石好きゆえ 転がり続けてン十年。今後はもっと地に足つけた行動をと言い聞かせる日々です。