特集

難処理古紙から本の装丁デザインに(大和板紙株式会社)

大和板紙

インターネットやSNSの普及によって、新聞・出版業界などでは「紙」の存在が薄らぐ傾向にありますが、ある統計データによると、現在でも「書籍読者層の80%は紙書籍を読んでいる」という結果も出ています(2016年 MMD研究所データより)。

 

古くから紙は私たちの生活のなかにあり、現在でも記録や梱包などに欠かせない存在です。そんな紙にとって、環境社会のなかで度々取り上げられる課題が、不要となった紙の使い道。そこで、不要な紙を積極的に再生し、ひとつの循環型システムを構築している企業、大和板紙株式会社営業部開発課長の石田さんにお話をお聴きしました。

 

大和板紙
▲取材の際にお伺いした会議室の机も「板紙」でつくられている

 

大和板紙株式会社では、単に古紙を再生するだけではなく、酒パックや化粧品の箱など一般的に「難処理古紙」と呼ばれる、再生の難しいフィルムが貼られたパッケージ(フィルム加工紙)も、積極的に再生化への取り組みを実施しています。

 

さらに独自に考案した「循環型リサイクルシステム」によって、フィルム加工紙の損紙から再生したボール紙やダンボールを、元のメーカーの中箱や外箱に使用するようなリサイクルを、メーカー側へ提案。

※参考リンク
循環型リサイクルシステムのご提案」(大和板紙ウェブサイト)

 

このような再生した板紙を製作するなかで、大和板紙ではデザイナーの使用まで考慮した様々な製品を生み出しています。

大和板紙

 

なかでも、現在注目されているのが「ゆるチップ」と呼ばれる板紙。こちらは、新聞古紙・雑誌古紙を主体とする「チップボール」を元に、デザイナーのコズフィッシュ祖父江慎さんがプロデュース、製品化したものです。

大和板紙
▲「ゆるチップ」 現在、もも・くさ・そら・ゆきの四色

1 2 3
ABOUT ME
omura
omura
かしわらイイネットの代表 兼 営業 兼 ライター。ロック音楽と石好きゆえ 転がり続けてン十年。今後はもっと地に足つけた行動をと言い聞かせる日々です。