特集

介助犬って、ご存知ですか?

介助犬のひろば in 柏原 2016

肢体不自由者の自立と社会参加を促す介助犬の認知度を高めるため、講演・プログラム「介助犬のひろば in 柏原 2016」が、2月27日(土)に開催されました。(主催:柏原市社会福祉協議会+川村義肢株式会社 / 後援:大阪府・柏原市・柏原市教育委員会・柏原市民生・児童委員協議会・柏原市障害者自立支援協議会)

盲導犬・介助犬・聴導犬を総称して「身体障害者補助犬」と呼ばれます。いずれも身体障がい者の自立と社会参加を促進することを目的としており、「身体障害者補助犬法」と呼ばれる法律の整備も行なわれていますが、社会的理解における課題があるのが現状です。特に、介助犬については全国でまだ73頭(2016.2.1 現在)。盲導犬と比べて普及と認知が進んでいません。

身体障害者補助犬法―ほじょ犬 厚生労働省

はじめに、主催者・来賓より自ら手話をまじえた自己紹介であいさつ。、柏原市社会福祉協議会 松永会長からは、身体障害者補助犬の現状や課題などを中心に、「介助犬などの身体障害者補助犬への理解が広く得られるよう、学べるプログラムを用意しました。これを機に、地域の人たちとともに さらなる福祉のまちづくりを進めて参りたい」と、趣旨説明がありました。

介助犬のひろば in 柏原 2016

また、川村義肢株式会社 川村代表取締役からは「あきらめない気持ちを大切にした社の事業が、地域社会の一助となれると嬉しい限りです」と、ごあいさつ。  さらに、来賓の中野柏原市長からは、「駅のバリアフリー化をはじめ、防災時、障がいのある方々へのサポートなども市としても後援し、力を入れています」と、行政における取り組みについての説明がありました。

介助犬のひろば in 柏原 2016
介助犬のひろば in 柏原 2016

1 2 3 4
ABOUT ME
omura
omura
かしわらイイネットの代表 兼 営業 兼 ライター。ロック音楽と石好きゆえ 転がり続けてン十年。今後はもっと地に足つけた行動をと言い聞かせる日々です。