特集

柏原コットンファームプロジェクトで綿の収穫祭 

柏原コットンファームプロジェクトで綿の収穫祭

※この記事は2012年10月15日に掲載したものです。

雁多尾畑の上徳谷にある遊休農地を活用し、地元企業である岡村製油(株)のサポートのなか、河内において伝統ある綿の栽培からものづくりまでを、官・産・市民協働で行う「柏原コットンファームプロジェクト」が、現在展開されています。

柏原コットンファームプロジェクトで綿の収穫祭

秋も深まり、大切に育てられた綿の収穫祭が、10月14日(日)に開催されました。
小学生から年配の人まで70名の市民が駆けつけ、およそ2000本の木々が広がる畑のなかで、綿摘みから開始。畑に広がる綿の白さに皆さん興味津々、笑顔いっぱいでの収穫作業となりました。

柏原コットンファームプロジェクトで綿の収穫祭 柏原コットンファームプロジェクトで綿の収穫祭
参加者全員の力を合わせて、この日は20キロの綿を収穫。その後は近くにある堅上中学校体育館に移動し、綿繰り、綿打ちの作業へ。

柏原コットンファームプロジェクトで綿の収穫祭

八尾市歴史民俗博物館の李さんによる指導のもと、綿から種を取り、さらに不純物を取り除いた綿から糸にしていくまでの工程を、道具の使い方から学んでいきます。

柏原コットンファームプロジェクトで綿の収穫祭

収穫した直後の綿を3キロとすると、種などを除いて残った綿が1キロ。これで着物一着分に。皆さん、手作業によって種を取り除いたあとの綿の感触を確かめながら、元となる素材を実感しているようでした。

柏原コットンファームプロジェクトで綿の収穫祭 柏原コットンファームプロジェクトで綿の収穫祭

綿には和綿と洋綿があり、伝統的な河内木綿でもある和綿は太くて短いのが特徴で、それゆえ丈夫なことから、着物はもちろん、船の帆などにも使われてきました。その強さを生むために肝心な「糸つむぎ」を最後に学び、皆さん悪戦苦闘しながらも、工夫をこらすことで充実した表情で作り上げていく様子が印象的でした。

ABOUT ME
omura
omura
かしわらイイネットの代表 兼 営業 兼 ライター。ロック音楽と石好きゆえ 転がり続けてン十年。今後はもっと地に足つけた行動をと言い聞かせる日々です。