特集

独自の創意工夫で質のよい「ものづくり」を 

石崎資材(株)

柏原市には、独自の創意工夫で、より便利でより質のよい「ものづくり」を手がける企業が、 いくつも存在しています。旭ヶ丘に本社を置く石崎資材(株)も、そのひとつ。

同社では、企業や事業所から発注される受身の仕事ではなく、自らの会社自身の発想による創造、製作をポリシーとしています。さらに、ニッチなニーズを捉えるために、アンテナを常に張りめぐらせ、他の企業が考えないようなオリジナル製品にこだわっているのも、特徴です。

 

元々は紙やプラスチックによる包装資材を主力にされていたそうですが、 時代の流れのなかで生まれる消費者のニーズによって、 ものづくりも多様化。商品ジャンルに広がりが生まれました。例えば、糸や生地のサンプル帳(色見本)など、使い手の視点に立ったアイディアによって、いくつもの商品がつくられています。

そのような思考と製作の繰り返しの完成形が、「布団圧縮袋」。主力製品であり、同社の代名詞的存在となっている商品ですね。

石崎資材(株)

より強度な合成樹脂フィルムを用いて、整理しやすいように布団を圧縮できる魔法の袋は、 一般家庭の布団収納に困っていた女性層を中心に評判を呼び、 たちまち同社の主力商品となりました。

それでも、人気の地位に甘んじることなく、 常によりよいものを届けようと、積極的な姿勢で挑むのが同社の特徴。

使用した消費者の声を反映し、バルブやスライダーなどの改良を重ね、 商品としての強度を高める中、収納方法に応じた様々なパターンの 衣類圧縮袋(ハンガー式・シワにならない、など)も、どんどん開発していきました。

これらの手法は、他の商品開発にも生かされ、 現在では、防水性の高いフィルムを用いた、パソコンや携帯電話、スマートフォン、 大手ゲーム機などの防水ケースも発表されています。

1 2
ABOUT ME
omura
omura
かしわらイイネットの代表 兼 営業 兼 ライター。ロック音楽と石好きゆえ 転がり続けてン十年。今後はもっと地に足つけた行動をと言い聞かせる日々です。