特集

カタシモワイン祭りが今年も盛大に開催

カタシモワイン祭り2018

今年も盛況だった「おもろいやん!!カタシモワイン祭り2018」。大阪の歴史あるぶどうの保存を理解していただくことも目的としたイベントに、市の内外から多くの来場者がありました。

同時開催された近鉄ハイキングだけでも968名の参加があったそうで、これをはるかにこえた来場者があったのではないかと考えています。

カタシモワイン祭り2018

ワインとともに様々な食のブースに舌鼓。ぶどう畑や古民家などにおいて皆さん様々な楽しみ方をされていたように思えました。

カタシモワイン祭り2018 カタシモワイン祭り2018 カタシモワイン祭り2018

また、今回の新しい企画として、ワインだけでなくデラウェアを活かしたビールの販売、また大阪芸術大学の学生とコラボレーションによる新しいデザインの「ひやしあめ」の販売もありました。(※カタシモワイナリーでは長年独自のひやしあめを販売。大阪産に指定されています)

カタシモワイン祭り2018
カタシモワイン祭り2018 カタシモワイン祭り2018

今年は猛暑、台風とぶどう産業も大変な一年でした。それでも新しい取り組みを打ち出していこうとするその姿勢と意欲に筆者も刺激を受けた次第です。

カタシモワイン祭り2018

※なお、その他の模様については下記Facebookページアルバムもご参照ください。

ABOUT ME
omura
omura
かしわらイイネットの代表 兼 営業 兼 ライター。ロック音楽と石好きゆえ 転がり続けてン十年。今後はもっと地に足つけた行動をと言い聞かせる日々です。