特集

学生の考案した「健康食レシピ」を披露

関西福祉科学大学健康食レシピコンテスト

「自ら考案した健康食を、学生がプレゼンテーションによって披露する」というお話をいただき、12月12日(水)に足を運んできました。訪問先は、関西福祉科学大学健康福祉学部福祉栄養学科。

「健康食レシピコンテスト」と銘打ち、教員の方々はもちろん、栄養学科の全学年から学生200名ほどが講義室に集まっていました。司会進行も学生によるもの。

「健康的な生活のために『栄養と食』の視点から人を支える」というテーマを掲げる同学科では、このような学生参加型のコンテストも実施されています。今回で第二回目。この日は公開による二次審査でした。

関西福祉科学大学健康食レシピコンテスト

栄養学科による健康食とあって、応募カテゴリは「野菜」「減塩」「低エネルギー」「鉄」「カルシウム」の五要素。例えば、野菜が一人あたり含まれている量であったり、減塩の具体的な状況など、それぞれの具体的な内容が各教員の方々から五段階で点数がつけられます。

関西福祉科学大学健康食レシピコンテスト

これらのカテゴリを選択した上で考案し、一次審査を通過した学生8名がそのレシピを披露しました。タイトルは以下のとおり。

  • 「ツナとしらたきのチャプチェ風サラダ」
  • 「鮭とあさりのホワイトスパゲティー」
  • 「オーブンで簡単タンドリーチキン」
  • 「鮭と小松菜のシチュー」
  • 「鶏むねのおろし漬け」
  • 「ポパイのおやつ(カルシウム春巻き)」
  • 「和風レタスロール」
  • 「あさりと厚揚げの煮物」
  • 「おからとさつまいものカラフルマフィン」
  • 「マヨネーズで減塩!チキンのオーブン焼き」

 

レシピには各材料、作り方はもちろん、野菜の総量や栄養分の数値、調理時間までが細かく記載されていたのが印象的でした。

1 2 3
ABOUT ME
omura
omura
かしわらイイネットの代表 兼 営業 兼 ライター。ロック音楽と石好きゆえ 転がり続けてン十年。今後はもっと地に足つけた行動をと言い聞かせる日々です。