特集

こどもたちが描いたごみ袋で町をきれいに(CO-BUKURO)

Co-Bukuro Project

「machiをきれいにしたい。こどもたちにも同じomoiをもってほしい」

そのような発想から広がりを見せている市民活動があります。その名は「CO-BUKURO (コブクロ)」。関西福祉科学大学の学生が中心となって、市民や子どもたちとともにした活動に。

 

筆者もSNSなどでその活動の存在を知っていました。また、昨年の市民総合フェスティバルにおいて、「こどもたちにレジ袋に絵を描いてもらおう」というブースも。(自ら撮影)

 

Co-Bukuro
▲2018年の市民総合フェスティバルにて

 

立ち上げは学生二人の間で起こった思いから。きっかけは2017年の10月、台風21号の頃。ごみが散乱していた光景を目の当たりにしたときでした。そのときに何か自分たちの手でできないかと感じたことから、活動がスタートしました。

余談ですが、筆者もこの時期、有志の人たちと大和川で清掃活動を実施したことがありました。当時の自らの葛藤を記していますが、いかに純粋な気持ちで清掃活動できるか、現在もそんなことをよく考えています。

柏原市役所前河川敷にて、ごみ拾いを実施
柏原市役所前の大和川河川敷にて、ごみ拾いを実施 22日に撮影してまわって状況を実感し、このままでいいのかという自問自答の末、柏原市役所前の河川敷公園にてごみ拾いを行うことにしま...

ですから、ゆっくり話を聴ける状態のときに 皆さんの活動を体感し、理解できる時期に参加しようと考え、ようやく今頃ですが、8月17日(土)の22回目となる活動に参加してきました。

気温35度の猛暑日にもかかわらず、12名の学生・市民の方々が近鉄法善寺駅前で15時に集合。主に法善寺駅周辺を歩いてごみ拾い。

 

Co-Bukuro
▲近鉄法善寺駅前に集合

ちなみに、CO-BUKUROとは、”connected by gomibukuro”を略した造語とのことで、この「ごみ袋」は先述した市民総合フェスティバルにて子どもたちの描いた袋のストックがあり、今もそれが使用されているそうです。

1 2 3