特集

学生がつなぐ被災地の思い、被災地への歌声

東日本大震災から今年で6年。大規模な自然災害が起きた際、当事者意識を伴った気づきは新たな行動を生みだします。

「震災を風化させたくない」「被災地へ私たちの思いを届けよう」と、大阪教育大学の学生が集まって展開する2つの活動をご存知でしょうか。

1つは「とどけよう!!みんなのこえ!!」

学生がつなぐ被災地の思い、被災地への歌声

音楽専攻の学生が、学部を越えて集まった音楽コンサートを実施しています。

今期の代表である北尾さん(同大学大学院教育学研究科音楽教育専攻)によると、「被災地で常に活動することはできないが、学生が普段生活する関西圏から、私たちのそばにある音楽によって何か伝えることができないか」と始めたのがきっかけでした。

自ら学生数名とともに宮城県の被災地などを訪問したうえで、趣旨の理解と活動への協力を得るために柏原市教育委員会へも直接足を運び、市内各小学校の児童に対する合唱への参加募集を行いました。

学生がつなぐ被災地の思い、被災地への歌声

各演奏者による選曲、子どもたちとの全体練習も重ねるなか、今年度も 11月の学園祭(神霜祭)において4回目のコンサートを実施。

 

被災地の思いを発信する上で心強い存在が学内にありました。実際に被災地で取材を重ねてきた写真サークル「FILM」です。

現在の代表である衣笠さん(同大学 特別支援教育教員養成課程)にお聴きすると、「FILM」は 2013 年 7 月に「大阪で被災地の状況や人々の思いを伝えたい」と結成されました。

 

1 2 3
ABOUT ME
omura
omura
かしわらイイネットの代表 兼 営業 兼 ライター。ロック音楽と石好きゆえ 転がり続けてン十年。今後はもっと地に足つけた行動をと言い聞かせる日々です。