特集

「笑う門が引き寄せた、大きな福」 桂文三さん

桂文三さん

笑う門には福来る。「笑いの絶えない人の家には、自然と幸福が訪れる」という、誰もが一度は耳にする諺だ。

ここで言う「門(かど)」とは「家・家庭」を指し、敷地の内外を区切る塀などに備えられた「門(もん)」だけを言うのではない。五代目桂文三さんは「門(もん)」の場所がはっきりしない、いわゆる長屋で育ち、日々を暮らしていた。

 

1月28日、自らの地元である柏原リビエールホールにおいて「桂文三 新春落語会」が開かれた。その一席目を飾ったのは「宿替え」。とある夫婦の引越しの際、長屋の隣との境にある壁に向け、夫が八寸釘を打ち込んでしまったことから、滑稽な会話が繰り広げられる噺である。

その枕で 「私は柏原市に住んでおりまして」と、自身も長屋生活だった当時の暮らしぶりを、近所に居住していた人々の姿とともに語ることで笑いを誘っていた。ひとしきり場をあたためたあと、文三さんはこう付け加える。

 

「あの時、確かに生きてたな、と思うんですわ」

 

当時の生活にはプライバシーも何もない。人々の声が四方八方から聞こえてくる。笑いや喧騒、怒りや涙。周囲の喜怒哀楽、人生の悲喜こもごもが、日々の暮らしに詰まっていた。電話がつけば誰かが借りにきて、聴く必要のない話まで耳にしてしまう。近所の人たちの姿を目の当たりにし、生きることの現実に直面するなかで、文三さんは育ってきた。

そのような環境で養われた観察眼、育くまれた人情が、自らの基礎を築いている。単に滑稽、面白いだけではない。「笑うことのできる ありがたさ」が、噺の根底にある。

桂文三さん

「宿替え」における身振りも、当時の体験が活きている。八寸釘の寸法による壁の感覚はもちろん、夫婦が暮らす長屋の状況も、かつての住環境からイメージがたやすいそうだ。

「横に戸を開ける玄関から入って、上がると居間や台所、そして横には壁がある。家の間取りはもちろん、その奥行きや幅の感覚が備わっているのが、今となっては私の財産ですわ」

そんな文三さんの噺のルーツには、母が嗜んでいた三味線にもある。自身は学生時代、落語研究部に入ったことで初めて手にした。が、その音色やリズムは幼少時から心と体に染みついていた。また、現在と違ってリアリティのあった昭和の時代劇にも夢中になった。文三さんの「笑い」には、まさに「門(かど)」が存在し、自他含めた家庭や当時の社会が心の奥底に根づいている。

 

昭和の上方落語の四天王の一人、五代目桂文枝の「一門」に入ったのも、厳しい師匠にも苦労を強いられた暮らしぶりが過去にあり、そのような感性が「師匠の噺に活きていた」からだったという。

1 2
ABOUT ME
omura
omura
かしわらイイネットの代表 兼 営業 兼 ライター。ロック音楽と石好きゆえ 転がり続けてン十年。今後はもっと地に足つけた行動をと言い聞かせる日々です。