グルメ

かしわらにも「うまいもんあるで!」

うまいもんあるでふぉーらむ

柏原市にある食の名産について考え、取り組みを進めていこうと、8月3日(月)に「かしわら うまいもんあるでふぉーらむ」が開催されました。主催はおいな~れ柏原ネットワーク。その詳細を特集記事にてお送りします。

当日は柏原市内の11店舗・団体が参加し、それぞれ考案した料理、もともとの自慢の料理を参加者の皆さんで試食。

第1部では、吉本クリエイティブの「へびいちご」さん進行のもと、招待されたパネリストと会場参加者の前で、それぞれの参加企業・店舗の方々がプレゼンテーションする形式でPRしていただきました。

パネリストには、中野隆司 柏原市長、奥山渉 柏原市議会議長、橋口明美 柏原市商工会女性部長、的場輝佳 関西福祉科学大学教授、フードライター 小我野明子氏の皆さん。

(各参加団体・店舗のプレゼンテーション 登壇順)

1)カタシモワインフード株式会社「柔らか薫るデラウェアワイン」「ノンアルコールワイン KAHI」

「柔らか薫るデラウェアワイン」(次の写真・左)
大阪でつくられるデラウェア(ぶどうの品種)は全国第3位の生産量を誇ります。
この地域の宝であるデラウェアからのワイン醸造は、他の品種と比較すると難しいという課題があり、これに挑むことはわが社の重要なテーマでもありました。

現在までも、スパークリングワイン、グラッパ、ぶどうジュースなどをデラウェアから醸造してきましたが、今回独自に香りを引き出すことに成功したのが、この「柔らか薫るデラウェアワイン」です。

1 2 3 4 5 6 7 8