グルメ

かしわらにも「うまいもんあるで!」

 

柏原市商工会女性部部長  橋口明美 さん
うまいもんあるで ふぉーらむ
「主婦の立場から、今日は参加させていただきました。柏原の特産であるぶどうを使って、このような美味しいものがたくさんあるのだと実感しました。これからの商品化としての発展を祈ります」

 

関西福祉科学大学教授  的場輝佳 さん
うまいもんあるでふぉーらむ うまいもんあるでふぉーらむ
「柏原の特産の柱は、ぶどうとワインだと考えます。これらを使って、例えば市内のレストランに置く、家庭料理に使うなど、日本の中でも負けないこれらの特産をまち全体がキーとして売り出すと、様々なプラスの効果が生まれると考えます。また、認定した際にはロゴマークを考案することで、のぼりやステッカーなどを用いてブランド化することを薦めます。根気強さも大切で、行政、民間のお互いの理解と協力も必要です。若い世代とのコミュニケーションも取りながら、このような取り組みを継続的に実施してほしい」

 

フードライター  小我野明子 さん
うまいもんあるでふぉーらむ
「柏原市には本日初めて訪問し、こちらのフォーラムへと参加致しました。まず感じたのは、柏原市のことをよくご存知ない方にとっては、柏原が『かしわら』か、それとも『かしはら』なのかと間違えやすいかも知れません。まちのPRのためにも対外的にひらがなの『かしわら』と統一してみるのはいかがでしょうか。

また、こんなに美味しい料理がいくつもあることに皆さんが自信を持っていただき、その上で他市の方から注目されるためには、デザインやネーミングによるインパクトも大切でしょう。さらに、JR柏原駅で降りると飲食関係の情報も掲載されている町のガイドブックやパンフレットが置いてあると、はじめて訪問された方にとって非常にわかりやすいと思います。」

第1部司会進行  へびいちご さん

へびいちご
「ぶどうの皮を使ったノンアルコールワインから思いついたのですが、ぶどうの皮を使って、ここでしか食べられないような料理もアイディアとして面白いと考えます。また『美』と『ぶどう』をうまく結びつけたり、「ぶどう」を用いた奇抜な発想による歌やエンブレムをつくって町のPRとすると面白いと考えています。」

1 2 3 4 5 6 7 8