NEWSかしわら版

国分西のエリア魅力向上をはかり、「リ・ブランディングセミナー」を

突然ですが、かつて代表のおおむらは、玉手や国分西に住んでいたことがあります。(それだけに現在はいろんな柏原を知りたいと動き回っています)

このたび、ご縁があり国分西に関する「商店街等エリア魅力向上モデル事業」のワーキンググループにボランティアで参加し、6月~9月までの「町のキーワード」を出すワークショップなどで勉強もさせていただきました。

 

その途中、国分にしかないキーワードとして浮かんだのが「近鉄の鉄橋の音」。

なかには音が大きいと感じられるひともあるかもしれませんが、通勤・通学で長時間かけて帰ってきたときの、車内でのガタンゴトン、ガタンゴトンの響き。

「帰ってきたぁ~」と、ホッとする瞬間だったのですね。そんな思いはひとそれぞれでしょうが、ひとり勝手にワークショップで盛り上がり、その場で浮いてしまいました(汗)

 

さて、「国分にしかない魅力は何か」「どんな層からこの町が求められているのか」。

そのようなワークショップを国分西の方々が10回ほど実行し、さらなる魅力を高めようと他市の事例を学ぶセミナーが行われることになっています。

 

エリアのリ・ブランディングセミナー

平日開催ですが、まちづくりや地域のことを考え、お時間の都合のつく方はぜひご参加ください。 どこの地区の方でもご参加可能です。(※下記URLより事前申し込み要)

 

日時 2019年10月3日(木)14時〜16時まで
会場 ジョイフル国分2階ふれあいステーション
内容 講演「万人うけさせない・インパクトのあるまちづくり」
株式会社ppp plus Company 代表:宮地 なおみ氏エリア戦略の説明 など
参加費 無料
定員 40名(先着順。定員となり次第、締め切り)
申し込み・詳細 下記URLより。
https://www.osaka-area-rebranding.com/%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC%E6%83%85%E5%A0%B1/
締切 2019年9月30日
主催 大阪府・株式会社地域計画建築研究所・株式会社サルトコラボレイティヴ共同企業体
マップ