特集

「放棄地」から「宝吉」のぶどうとワインを 

「放棄地」から「宝吉」のぶどうとワインを 

かつては、柏原の山を敷き詰めるほどあったぶどう畑。大阪は日本一のぶどうの産地でもありました。それが、昨今の生産者の高齢化による減少、後継者不足も伴って、耕作が放棄される畑が目立つようになってきました。

そこへ大阪の酒店主を中心にボランティアの皆さんが多数集まり、耕作放棄地を利用したぶどうづくりが昨年の春先からはじまりました。 畑の名前は「宝吉(ほうきち)畑」。そう、放棄地によってつくられたぶどうが、まさに「宝吉」と生まれ変わり、新しい柏原の宝となるぶどうが採れるようにと、名づけられたのです。

 

この度、その宝吉畑で収穫されたデラウェアを中心として醸造された「たこシャンロゼ」が発売。そのお披露目会が開催され、40人以上の人が参加しました。

「放棄地」から「宝吉」のぶどうとワインを 

前段に、まずカタシモワイナリー山本さんによる案内による畑の見学。太平寺の砂防ダムの裏から「道なき道」を歩いていき、上へ上へとめざしていきました。その先に広がるように現れたぶどう畑。そこが「宝吉畑」でした。 ボランティアの人々による熱い思いがこもった土地を体感することで、ぶどうづくりにかける思いを、皆さん感じ取っているようでした。
「放棄地」から「宝吉」のぶどうとワインを 

「放棄地」から「宝吉」のぶどうとワインを 

見学終了後は、サンヒル柏原へ移動。

建物前の野外レストラン形式により、全員で「たこシャンロゼ」を乾杯。このワインがつくられる前の苦労を知ると、より美味しさも違うようでした。

 

「放棄地」から「宝吉」のぶどうとワインを 

「たこシャン」は大阪名物「たこ焼き」に合うスパークリングワインとして発売された、カタシモワイナリーの人気商品。このロゼが、宝吉畑のデラウェアをもとに、新しく醸造されました(数量限定)。

 

コース料理を楽しみ、また宝吉畑の空気を思い出しながら、皆さん「たこシャンロゼ」の味の深さを感じているようでした。 歓談をまじえ、終始なごやかな雰囲気でパーティーが行われました。

ABOUT ME
omura
omura
かしわらイイネットの代表 兼 営業 兼 ライター。ロック音楽と石好きゆえ 転がり続けてン十年。今後はもっと地に足つけた行動をと言い聞かせる日々です。