特集

アユの戻ってきた大和川(2012.08.20)

アユの戻ってきた大和川

「天然アユが大和川に戻ってきた」

その事実は、数年前の新聞報道などで大きく取り上げられました。また、最近の市民活動におけるアユの放流も実施されたことから、「大和川のアユ」をご存知の方もいるのではないでしょうか。

かしわらイイネットではこれらの事実をより詳しく知りたいと考え、大和川河川事務所を訪問し、大阪教育大学 長田芳和名誉教授にもご同席いただくなかで、貴重なお話を聴いてきました。

その前提に知っておかなくてはならないのが、アユの習性。

アユは川と海を行き来する回遊魚であり、春になると海から遡上します。夏にかけては成長時期にあたり、川底の石などに生える苔(こけ)などを餌として生活。秋には産卵、卵を産んだ親魚のほとんどが1年で寿命を終えることに。

アユの戻ってきた大和川

その卵からふ化した仔アユは、海に下りて冬を越し、また季節が変わると川へ戻ってくるというサイクルが、通常は繰り返されます。 (図は大和川天然アユ研究会編「大和川の天然アユに関するノート」より許可を得てお借りしました)

自然豊かな昭和30年代までアユは大和川を遡上していたそうです。文献によると昭和12年(1937年)には王寺町周辺、昭和25年(1945年)には亀の瀬上流でアユ遡上の事実が確認されていたという事象も。

しかしながら、これらのサイクルが昭和40年代の高度成長期における水質汚染により、大和川では ほとんど見られなくなってしまったのです。

筆者自身は昭和40年代の生まれ。したがって、幼少期のイメージからは「大和川でアユが生息していた」という事実に、ピンと来ないものがありました。正直、フナなどの生息くらいかという、認識でした。

 

アユの戻ってきた大和川
水中の有機的な汚濁の指標となるBOD(生物化学的酸素要求量[水中の有機物を分解するために微生物がどれだけの酸素を必要とするかを示す値])について、水産用水基準では、アユの生育条件としてBOD3mg/L以下、自然繁殖の条件が2mg/L以下となっています。

昭和45年、大和川の水質は、(BOD75%値) 31.6mg/Lを記録していました。
もちろん誰もがこのような水質汚染を喜ぶはずはなく、 悪化のピークを迎えた昭和45年以降は、改善に向けた 行政の呼びかけや企業・市民の意識改革や努力が広がり始めました。

1 2 3
ABOUT ME
omura
omura
かしわらイイネットの代表 兼 営業 兼 ライター。ロック音楽と石好きゆえ 転がり続けてン十年。今後はもっと地に足つけた行動をと言い聞かせる日々です。