コラム・寄稿

現代では不思議な石が、玉手山には隠れている? ~柏原石おこし(4)~

礫岩
▲礫岩

 

昨日は玉手山公園の地質について、いつもお世話になっている柴山先生に見ていただこうと同公園の南入口から登っていきました。

このあたりは二上山などの火山が噴火した時期の石も見られますが、そのさらに古くの時代と思われる礫岩(写真上)や砂岩、チャートなどの堆積岩が多く見受けられます。それをきちんと把握しようと、見ていただいたものです。

砂岩
▲砂岩

 

このきっかけは、公園管理に携わる方からいただいた、「このあたりの石は丸いのが多くて、もしかしたら元々海や川などの底やったんと違うかなぁ」との一言でした。

 

柴山先生によると、このあたりの地質については20年ほど前に大規模な調査が行われていて、断層の影響で隆起した大阪層(古大阪層)などの地層が判明しているものの、一部でその後の火山灰や火成岩などが複雑に入り混ざっている、とのことでした。

 

むきだしの地層
▲むき出しの地層(これより下の南入口付近では古大阪層の礫が多数ある)

 

しかしながら、山なのに、海や川にあるような堆積岩がある、玉手山の自然がどのような土壌から生まれているか、不思議な気になりました。もう少し勉強してみたいと考えています。

 

チャートの石積み
▲玉手山遊園地時代、昆虫館のあったあたりでしょうか。ほとんどチャートと呼ばれる(放散虫などの海の微生物などが固まった石)石が使われていました。

ABOUT ME
omura
omura
かしわらイイネットの代表 兼 営業 兼 ライター。ロック音楽と石好きゆえ 転がり続けてン十年。今後はもっと地に足つけた行動をと言い聞かせる日々です。