コラム・寄稿

奈良の箸墓古墳などに柏原市芝山産の石 ~柏原石おこし3~

5月14日、国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の諮問機関「国際記念物遺跡会議」(イコモス)によって、「百舌鳥・古市古墳群」の世界文化遺産への登録勧告がなされました。

世界遺産登録への見通しが立ったことから、地元のみならず古墳の存在する日本国内で「古墳」への注目度が高まっています。羽曳野市や藤井寺市に隣接する柏原市にとっても、非常に喜ばしく感じているところです。

 

ご存知のとおり、柏原市にも様々な時代の古墳が存在していますが、「百舌鳥・古市古墳群」と同じ古墳時代中期以降(4世紀後半~5世紀後半)かつ、「大王クラス」と考えられる古墳は存在しません。

しかしながら、このコラムのテーマである「石」を切り口に古墳を語ると、柏原も大きな特徴のある地域であることがわかります。今回はそんなお話です。

前回からかなり時間が経過しましたが、「玉手山凝灰岩」の説明に使った拙い(汗)イラストを再掲します。ここに「芝山」を記載していたことをお気づきだったでしょうか。

石の分布図

「芝山」は玄武岩や安山岩という堅い火山岩でできています。そのため、大和川は芝山を迂回するように大きく北へ湾曲し、古くから現在に至るまで洪水の被害を何度も受けてきた場所でもあります。

過去のコラムで「大和川が先行河川であった」という説明もしました。太古(約1億年前)の地殻変動によって生駒山系が隆起しても長い時間のなかで侵食が続き、河川の状態となっています。

地層の分析から、芝山は二上山の噴火が続いていた時期(1500万年前~1300万年前の間)の火山岩と考えられ、大和川はその流れに影響を受けることとなりました。(※流れ方には、そのほかにも亀の瀬地すべりや断層などの影響も受けていますが、「芝山」の説明のため、ここでは割愛させていただきます)

芝山
▲JR高井田駅近くから芝山の西側、松岳山古墳群のあたりを臨む

古墳に話を戻しましょう。「百舌鳥・古市古墳群」は天皇陵と考えられている、大王クラスの大規模な古墳を中心とした古墳時代中期(4世紀後半~5世紀後半)の古墳群です。時代についての目安を表にしておきます。

古墳時代 年代の目安 特徴
初期 3世紀半ば 纒向石塚古墳・柳本古墳など
前期 3世紀後半~ 箸墓古墳など
中期 4世紀後半~5世紀 大型前方後円墳が奈良盆地から河内平野に。百舌鳥・古市古墳群など
後期 6世紀前半~ 横穴式石室など 埴輪が畿内から減少
終末期 6世紀後半~ 前方後円墳が見られなくなる。石舞台古墳・高松塚古墳など

 

1 2 3 4
ABOUT ME
omura
omura
かしわらイイネットの代表 兼 営業 兼 ライター。ロック音楽と石好きゆえ 転がり続けてン十年。今後はもっと地に足つけた行動をと言い聞かせる日々です。