特集

通りに戻ってきた丸型郵便ポスト

それは、10月5日のことでした。

かしわらイイネットが事務的な仕事場として利用する、オガタ通り商店街の「ふれあい館オガタ」に着くなり、びっくりするような光景が目に飛び込んできました。向かいのお店前にある「丸型郵便ポスト」が撤去されようとしていたのです。

この「丸型郵便ポスト」、郵便局では昭和24年に最初に作られ、昭和45年から角型ができるまでは主流のポストでした。この丸型が今でも残っている地域は珍しく、希少な存在でした。

また、地域の情報発信をするようになって、このような郵便ポストのファンが多くいらっしゃることも知っていました。


(上の写真は、柏原市タウンガイドというサイトを運営している「ケーズクルー」(柏原図書館横)というお店が発行しているおたよりです。昨年発行されたこのペーパーの中に、「柏原市内にある丸型ポストは何個あるでしょう」というクイズととも、今回の該当ポストの写真が掲載されていました。)

これは直感的に大変だと感じ、個人のFacebookでその事実と写真を掲載しました。すると、やはり、通常の私の投稿の中では反響の大きいものでした。

以下、原文のまま。

あら!四角いのに変わるんですかね?

寂しいですね。

私も遭遇しました…寂しいですね。これで柏原市には丸ポスト残り4つです。

 

 

1 2 3 4
ABOUT ME
omura
omura
かしわらイイネットの代表 兼 営業 兼 ライター。ロック音楽と石好きゆえ 転がり続けてン十年。今後はもっと地に足つけた行動をと言い聞かせる日々です。